sp_top_02

いい職人は豊かな想像力をもっています。
家をつくるとき、その家が完成したときの姿と、その先にある遠い未来を想い描くチカラ。
永い年月を経ても、あたりまえのように建っている姿を想像し、
そうあるための素材を厳選し、造り上げます。
そして、そこになくてはならないのが確かな腕。
匠の技と呼ばれる最上の技術が要求されます。
福田工務店には大工棟梁がいます。大工は昔「番匠士」と呼んでいました。
「番匠士」とは昔の大工さんのことで、大工の歴史のなかで受け継がれてきた、
職人としての誇りやこだわりは今でも健在。
匠の技をもつ、現在では希少な工務店と自負しています。
古民家の工法や技を知り尽くした福田工務店だからこそできる、家づくりがあります。

詳しくはこちら

sp_top_04

福田工務店の家づくりは、はじめにご家族との「対話」から始まります。
家づくりの思いや家族の話、なんでもお話ください。着工から完了まで古民家再生の工事になると半年ほどかかります。
木材の見極めをし、いい状態の木を選び、水分量の確認などたくさんの職人による匠の技で完成します。

詳しくはこちら

新着情報

詳しくはこちら
2020年9月22日 コンクリート打設 一般的な住宅の基礎工事の場合は、クレーン車を使います。コンクリートは大型ミキサー車を使う場合は良いのですが、現場に入らない場合は小型車を使います。しかし、保...続きを読む
2020年9月21日 例会会場として 全国古民家再生協会長崎第一支部の会員で古民家が大好き過ぎて、自ら古民家をリノベーションしてレンタルハウス「wabi/呂色の梁」をオープンさせました。若者...続きを読む
2020年9月20日 彼岸法要 三日間の彼岸法要が終わりました。三密を避けたかったのですが、中々そうは行かずマスク着用・手指消毒を施しながら、多くのご門徒の皆様のご縁を頂きました。 #浄...続きを読む
2020年9月16日 古民家の利活用をしたいけど 古民家の問い合わせで西海町に。色々とお話しさせている中で、土地・家それぞれ持ち主が違い、今では誰の持ち主なのか不明となっている中で、借家として数十年過ごされて...続きを読む
2020年9月15日 配筋検査 新築工事は、瑕疵担保責任保険を掛けなければなりません。そのため基礎工事には配筋検査があります。施工基準通りに施工しなければならないのです。 #新築、#瑕疵担...続きを読む

会社概要

詳しくはこちら
店名 福田工務店
所在地 〒857-0361
長崎県北松浦郡佐々町小浦免67-3
TEL 0956-63-3770
FAX 0956-63-5826
設立 昭和49年
事業内容 建築工事業・一般住宅、古民家再生工事・店舗・その他工事
許可番号 長崎県知事許可(般-27)第13284号
代表 福田 敏幸
大きな地図で見る