sp_top_02

いい職人は豊かな想像力をもっています。
家をつくるとき、その家が完成したときの姿と、その先にある遠い未来を想い描くチカラ。
永い年月を経ても、あたりまえのように建っている姿を想像し、
そうあるための素材を厳選し、造り上げます。
そして、そこになくてはならないのが確かな腕。
匠の技と呼ばれる最上の技術が要求されます。
福田工務店には大工棟梁がいます。大工は昔「番匠士」と呼んでいました。
「番匠士」とは昔の大工さんのことで、大工の歴史のなかで受け継がれてきた、
職人としての誇りやこだわりは今でも健在。
匠の技をもつ、現在では希少な工務店と自負しています。
古民家の工法や技を知り尽くした福田工務店だからこそできる、家づくりがあります。

詳しくはこちら

sp_top_04

福田工務店の家づくりは、はじめにご家族との「対話」から始まります。
家づくりの思いや家族の話、なんでもお話ください。着工から完了まで古民家再生の工事になると半年ほどかかります。
木材の見極めをし、いい状態の木を選び、水分量の確認などたくさんの職人による匠の技で完成します。

詳しくはこちら

新着情報

詳しくはこちら
2021年4月16日 全国大会 古民家・新民家ネットワーク加盟店全国大会がオフライン・オンラインのハイブリッドで開催されました。様々な活動のあり方、方法、計画等参考になるコトに刺激と希望...続きを読む
2021年4月15日 古民家再生 古民家再生議員連盟(自民党)と古民家再生議員懇話会(公明党)が開催され、各省庁参加のもと一般社団法人全国古民家再生協会として、これからの要望をさせていた...続きを読む
2021年4月14日 自治体協定の推進 今、全国古民家再生協会では、空き家課題に取り組むため、自治体と協定を組み古民家を含めた空き家を利活用に導き、後々街の活性化に繋げる取り組みをしています。県内で...続きを読む
2021年4月11日 坂の街の暮らし 長崎市は平地が少ないため山の斜面を利用して建てられた住まいが多く、空き家となってしまう住まいも数多くあります。そのような中でも若い世代にも大好評のリノベ...続きを読む
2021年4月11日 解体か再生か 古民家の情報紙「ジャパトラ」からの問い合わせが続きます。古民家の解体と古材の買取りに関しての相談でしたが、実際に現場を調査してみると、屋根は改修をしなけれ...続きを読む

会社概要

詳しくはこちら
店名 福田工務店
所在地 〒857-0361
長崎県北松浦郡佐々町小浦免67-3
TEL 0956-63-3770
FAX 0956-63-5826
設立 昭和49年
事業内容 建築工事業・一般住宅、古民家再生工事・店舗・その他工事
許可番号 長崎県知事許可(般-27)第13284号
代表 福田 敏幸
大きな地図で見る