sp_top_02

いい職人は豊かな想像力をもっています。
家をつくるとき、その家が完成したときの姿と、その先にある遠い未来を想い描くチカラ。
永い年月を経ても、あたりまえのように建っている姿を想像し、
そうあるための素材を厳選し、造り上げます。
そして、そこになくてはならないのが確かな腕。
匠の技と呼ばれる最上の技術が要求されます。
福田工務店には大工棟梁がいます。大工は昔「番匠士」と呼んでいました。
「番匠士」とは昔の大工さんのことで、大工の歴史のなかで受け継がれてきた、
職人としての誇りやこだわりは今でも健在。
匠の技をもつ、現在では希少な工務店と自負しています。
古民家の工法や技を知り尽くした福田工務店だからこそできる、家づくりがあります。

詳しくはこちら

sp_top_04

福田工務店の家づくりは、はじめにご家族との「対話」から始まります。
家づくりの思いや家族の話、なんでもお話ください。着工から完了まで古民家再生の工事になると半年ほどかかります。
木材の見極めをし、いい状態の木を選び、水分量の確認などたくさんの職人による匠の技で完成します。

詳しくはこちら

新着情報

詳しくはこちら
2020年12月4日 シロアリさん美味しいですか 外壁の張り替えの為撤去すると、思った以上の蟻害を受けていました。木材が紙のようになって、よくもここまで食べたことに、そんなに美味しかったのかと聞いてみたい...続きを読む
2020年12月3日 古民家の利活用をして残したい 古民家の問い合わせにより現地を拝見しに行くと、建物の中に入ることができなかったのですが良い感じの古民家でした。しかしながら、左側面全体の痛みが酷く内部が気...続きを読む
2020年12月2日 木造住宅 今の木造住宅は、金物を使わなければ法的にはクリア出来ません。金物に依存しているいるため、木造の大切な仕口や継ぎ手が簡略化され、プレカットが主流となっています...続きを読む
2020年12月1日 UB解体で懐かしい文字が 30数年前にお世話になったお宅のUB取替。UBの取替は初めてです。当時としては主流と為りつつある浴室でした。まだまだ使えるUBでしたが、最後の浴室リフォーム...続きを読む
2020年11月30日 防蟻処理 新築工事では、防蟻処理は完成までに三回に分けて処理をします。一回目は基礎工事の段階で土壌処理を、二回目は上棟後の構造材への処理、三回目は完成前に床下処理を...続きを読む

会社概要

詳しくはこちら
店名 福田工務店
所在地 〒857-0361
長崎県北松浦郡佐々町小浦免67-3
TEL 0956-63-3770
FAX 0956-63-5826
設立 昭和49年
事業内容 建築工事業・一般住宅、古民家再生工事・店舗・その他工事
許可番号 長崎県知事許可(般-27)第13284号
代表 福田 敏幸
大きな地図で見る